映画で一粒万倍

一粒万倍(いちりゅうまんばい)・・・映画1つで動かされる感情・人生観がワタシを万倍に変える

映画「ダンケルク」を視聴!pandraの違法動画はダメ

      2018/06/08

こんにちは!✨🌟✨
ブログ「映画で一粒万倍」の、おささと申します~(´ε` )

映画「ダンケルク」

一粒万倍(いちりゅうまんばい)とは・・・
映画1つで動かされる感情・人生観がワタシを万倍に変える

そんな風に思ってブログやってます~

では今日もステキな作品についていきますよっ!🤣💫💎

映画「ダンケルク」を探すなら断然ココ!

どこも探しても見つからない~~~!!!

できるなら、どうしても気になって今すぐ観たい!

そんなときは、やっぱ大手のTSUTAYAディスカスが最後の砦ですね(*^^*)

映画「ダンケルク」 TSUTAYAディスカス 

さんざんアレコレ調査しましたが、それが何だかんだ近道です。

無料からですし。

なによりデジタルに疎くても親切で、てっとりばやく作品を視聴するにはベストです~

あ、無料後に続けるかどうかはご自由にどぞっ!

▼ 公式サイトへいきます
ツタヤの映像サービス30日間0円!

映画「ダンケルク」 違法動画

王道サービスで観るのがイチバン賢いです

まぁ違法に無料アップロードされた動画でみつかることも時々あるんですが・・・あれは危険がいっぱい(泣)

たとえば・・・

YouTubeデイリーモーション...

パンドラやAniTube...

このあたりは許可もなくアップロードされた動画ばかり。

下手したら罰則もあるので、あまり堂々と楽しむのには不向き...

だから無料キャンペーンのうちに、大手TSUTAYAの宅配&動画配信サービスを使うのがベストです。

もう映画クラスタのあいだでは当たり前になってきていますけど、まだの方はぜひ試しみてくださいね。

▼ 公式サイトへいきます
ツタヤの映像サービス30日間0円!

ホントに映画「ダンケルク」は面白い?レビューを集めました

思いっきり結末がわかるようなネタバレもあったりしますので注意!

でも、みていて面白いですよ(*´ω`*)

苦しい戦時体験とカタルシスのバランス
クリストファー・ノーランは、戦争についてのイデオロギーは極力排し、観客に戦場を体感させることに主眼を置いた。英雄賛美も戦争反対の大きな声も手垢がつきすぎてしまった現代で戦争を語ることの困難さがこの映画には溢れている。
暗くどぎついことの連続である浜のシーンで、人は戦場の苦しさを嫌というほど体感するだろう。しかし、観客に与える苦しみは「サウルの息子」ほど徹底されず、救助の民間船のエピソードでは、希望やヒロイズムが謳われる。
戦場を体感させたい、しかし苦しみを強いるだけの鑑賞体験では観てもらえない。ノーランはそのジレンマに向き合った。
机上の空論を振りかざすことをやめ、生々しい戦場に向き合わなくてはならない。しかし、映画としてのカタルシスなくして、多くの人に訴える力があるのかどうか。
非常に難しいバランス感覚だが、見事にこの困難な戦時体験映画を商業映画として成り立たせ大ヒットに導いたノーランの手腕は見事だ。
映像や音に凄みを感じながら最後はまさかの感動!
まず、キャラクターの台詞が限られていたところに臨場感を感じました。普通の戦場だったら台詞はあまり無いと思うので。

サウンドエフェクトは戦争さながらの迫力と恐ろしさが出ていて、本当に怖かったし、さながら戦場にいる気分になりました。素晴らしいです。

タイマー音を使ったハンス・ジマーの音楽もかなり生えていました。

台詞は限られていてもいくつかのキャラに好感を持て、当時の状況や諸外国との関係も描いてたのも魅力の一つです。
そして、ラストの民衆に温かく迎えられたシーンにまさか感動させられるとは思わなかったです。

クリストファー・ノーランの作品はかなり好きですが、この作品を観て更に好きになりました。

戦争映画に「時間」の概念を絡ませた異色作
もぬけの殻となったダンケルクの市街地を抜け、海岸線がスクリーンいっぱいに広がった瞬間、これまでに感じたことのない映像の深遠さが胸を貫いた。そしてここから陸・海・空の3つのタイムラインを駆使したダンケルクの撤退作戦が展開するなんて誰が予測しえただろう。

さすがノーラン作品には「時間」という概念が密接に関わってくる。『インセプション』と同じく3つの異なった時間の尺度を展開させる手法には舌を巻くばかり。その結果、各々のテリトリーが交錯する「点」にて運命がスパークするわけだが、この語り口はもはや戦争アクションを超えた、緻密なるサスペンスの域と言えるだろう。

ちなみに、本作ではトム・ハーディが操縦する戦闘機内に響く無線音声の中でマイケル・ケインのカメオ出演がある。かつてケインが『空軍大戦略』で空を滑空していた映画史を押さえておくと、ノーランの密かなこだわりをさらに深く咀嚼することができるはずだ。

ラスト20分のカタルシスも映画のリアリズム!
強烈な閉塞感が神経を虐め続ける。容赦ない爆撃から身を守ろうとして砂浜にへばり付く兵士たちは、地上という行場のない牢獄で、はたまた閉じ込められたまま沈没していく船内で、遙か眼下の海原を見下ろすコックピット内で、その身を拘束されたまま時間に弄ばれているかのよう。個人の視点から見れば、戦争とは、戦場とは、なんと全体像がつかめない怪物如き存在であることか!?従来の戦争映画が当たり前のように駆使してきた想像の域を出ないCGI仕様の俯瞰映像を頑なに拒絶して、クリストファー・ノーランが提示する新リアリズム。それが映画的な快感と呼べるかどうかは甚だ疑問だ。しかし、延々と続いた怪物からの逃避行が、やがて達成感に変わるラスト20分のスタルシスは、画面の形状に関係なく、観客の心を強く掴み取って離さない。それもまた、映画のリアリズムだと思うのだ。
映像は本当にすごい
なんか実話と言われても、
いや、流石にこの数の救出は不可能だろ、え?できたの?当時の新聞のでっち上げだろ。
とか
あの子のこと新聞に載せてあげたけど、なんかそんなすごいことしたか?紅茶出して拒否られただけじゃね?
とか思ってしまった。
視点とかのせいかな?そういうエピソードのせいかな?感情移入がしにくかった。終始張り詰めた感じで、あ、でもまぁそれはこの映画ならではの良いところなのかな。
最後トム・ハーディ出てきて、お前だったんかいって感じがすごかった笑
引用:映画.com

なんともザワザワ・・・

まだ観ていない方は要チェックです。

TSUTAYAディスカスなら、ほかの作品やジャンル、つまり品揃えが抜群にイイですよ~!

圧倒的オススメ。

私も無料からスタートして、今やヘビーな継続ユーザーです(*´∀`)

▼ 公式サイトへいきます
ツタヤの映像サービス30日間0円!

映画「ダンケルク」のほかにも、気になった作品をどんどんリストに突っ込んでおくと後々便利ですよ!

いざというときは、すぐに解約もネット上でできてしまいます。

そのあたりの潔さも好感もてますねw

映画「ダンケルク」 無料動画

どこかに出かけていって手続きする必要もなく、今すぐ観れて重宝しています(*^^*)

まずは無料キャンペーン中にざ~っとイジってみると、どんな感じか分かると思います。

以上、「映画「ダンケルク」を視聴!pandraの違法動画はダメ」でした!

1人の時間がすこしでもenjoyできますように。

 - 動画で一粒万倍