映画で一粒万倍

一粒万倍(いちりゅうまんばい)・・・映画1つで動かされる感情・人生観がワタシを万倍に変える

映画「忍びの国」を動画でフル視聴!pandraのリスクとは

   

こんにちは!✨🌟✨
ブログ「映画で一粒万倍」の、おささと申します~(´ε` )

映画「忍びの国」

一粒万倍(いちりゅうまんばい)とは・・・
映画1つで動かされる感情・人生観がワタシを万倍に変える

そんな風に思ってブログやってます~

では今日もステキな作品についていきますよっ!🤣💫💎

映画「忍びの国」を探すなら断然ココ!

どこも探しても見つからない~~~!!!

できるなら、どうしても気になって今すぐ観たい!

そんなときは、やっぱ大手のTSUTAYAディスカスが最後の砦ですね(*^^*)

映画「忍びの国」 TSUTAYAディスカス 

さんざんアレコレ調査しましたが、それが何だかんだ近道です。

無料からですし。

なによりデジタルに疎くても親切で、てっとりばやく作品を視聴するにはベストです~

あ、無料後に続けるかどうかはご自由にどぞっ!

▼ 公式サイトへいきます
ツタヤの映像サービス30日間0円!

映画「忍びの国」 違法動画

王道サービスで観るのがイチバン賢いです

まぁ違法に無料アップロードされた動画でみつかることも時々あるんですが・・・あれは危険がいっぱい(泣)

たとえば・・・

YouTubeデイリーモーション...

パンドラAniTube...

このあたりは許可もなくアップロードされた動画ばかり。

下手したら罰則もあるので、あまり堂々と楽しむのには不向き...

だから無料キャンペーンのうちに、大手TSUTAYAの宅配&動画配信サービスを使うのがベストです。

もう映画クラスタのあいだでは当たり前になってきていますけど、まだの方はぜひ試しみてくださいね。

▼ 公式サイトへいきます
ツタヤの映像サービス30日間0円!

ホントに映画「忍びの国」は面白い?レビューを集めました

思いっきり結末がわかるようなネタバレもあったりしますので注意!

でも、みていて面白いですよ(*´ω`*)

過去の遺物ではなく、現代にも通じる存在として忍者を描く
和田竜原作らしい史実と娯楽性が融合した作品に仕上がっている。
その映像化を手がける中村義洋監督の手腕も安定感があり、
冒頭から一筋縄ではいかない忍者戦をダイナミックに俯瞰したり、
物語がコミカルとシリアスの間を行き来する流れを淀みないものとしている。
そもそも本作には時代劇を担うヒーローにふさわしい強靭な精神の持ち主など誰一人いない。誰もが自分なりのやり方で飄々と世の中を生き抜こうと考えている者ばかり。

そんな彼らが一連の戦を通して、混沌の時代の中で根無し草のように生きるのか、
あるいはそんな中でも自分なりに生きる道を模索するのかの決断を迫られる。
この一瞬の心模様に、現代人の扮装をした人々が投影されるくだりが面白い。
中村監督が、決して忍者たちを過去の遺物として扱わず、
現代人にも通じる存在として映し出している様にハッとさせられたし、
鑑賞後には、己もケモノの様に生きてはいないかと、我が身を振り返りたくなった。

伊賀忍者たちが繰り出す異色忍術が効果てきめん!
物量で圧倒する織田勢を迎え撃つ伊賀忍者たちの秘策は、
ちょっとした表情や絶妙な間を使って繰り出すユニークな忍術の数々。
それにかかった敵兵士たちが、まるで骨抜きにされたようにふにゃふにゃと崩れ去る様子は、いわゆる戦国合戦ものとはひと味違う。独特の緩さが笑いを誘うのだ。

それは、達観主義者で恐妻家の忍者、無門に扮する大野智の役作りにも言えること。
だからこそ、そんな彼が本気を出す後半が一気に盛り上がるわけで。

ここ最近、度々大手作品の監督を請け負ってきた中村義洋が、久々にこの土壌で本来のユーモアを作品に結実させた異色時代劇は、主演の大野智にとっても代表作となった

85点
CGはちゃち〜が
楽し面白い映画!
人でなしが成長する姿と
環境、文化、血が大事だなと再確認
これぞアクション映画
アクションシーンが素晴らしい作品だと思いました。
鈴木亮平さんと大野智さんがスタントマンなしでやるアクションシーンは見応えありました。

冒頭の満島真之介さんと大野智さんのアクションも良かったです。

馬子にも衣装!!
飄々とした主人公で観易い時代劇ですが、
期待した合戦シーンはコミカルな音楽と画像処理でかなりごまかされており、戦略は元より武将の討ち死にシーン等熱いものが全く無くて残念です。
「無門率いる忍びの軍団は人知を超えた秘策で織田軍に抗戦する」とありますが、少数の忍が知恵で撃退するという訳では無く、
金に釣られた逃亡者がドカドカ戻って来るというだけで、
いつのまにか強大な織田軍が敗走して適当な内容だと思います。
織田家にも十二家評定衆にも親しみを持てませんでした。

石原さとみ(石神国子)の役名が「お国」なのが良かったです。

引用:映画.com

なんともザワザワ・・・

まだ観ていない方は要チェックです。

TSUTAYAディスカスなら、ほかの作品やジャンル、つまり品揃えが抜群にイイですよ~!

圧倒的オススメ。

私も無料からスタートして、今やヘビーな継続ユーザーです(*´∀`)

▼ 公式サイトへいきます
ツタヤの映像サービス30日間0円!

映画「忍びの国」のほかにも、気になった作品をどんどんリストに突っ込んでおくと後々便利ですよ!

いざというときは、すぐに解約もネット上でできてしまいます。

そのあたりの潔さも好感もてますねw

映画「忍びの国」 無料動画

どこかに出かけていって手続きする必要もなく、今すぐ観れて重宝しています(*^^*)

まずは無料キャンペーン中にざ~っとイジってみると、どんな感じか分かると思います。

以上、「映画「忍びの国」を動画でフル視聴!pandraのリスクとは」でした!

1人の時間がすこしでもenjoyできますように。

 - 動画で一粒万倍